2015年の神代桜の開花状況は ⇒ こちら


このページは昨年の様子です。

今春2014年の状況は ⇒ こちら



山高神代桜のページ (2013年)

春には見事な花を咲かせてくれましたが、なお老木・巨木としての神代桜はからだ一杯に葉を生い茂らせ威風堂々としています。毎月一回程度は神代桜の様子の写真を載せます。また、他のページ(畑のお友達 . . . 、今日もスクスク . . . など)も随時更新していますので興味がございましたら一覧下さい。無農薬野菜もご賞味頂ければ幸甚です。

神代桜のお話

紅葉も始まった晩秋の神代桜 

10月27日
10月27日

神代桜の枝ぶり(南面)

太陽が一番当たる南面です。北面より早く咲き始めます。

神代桜の枝ぶり(北面)

蕾が膨らんでくる様子

神代桜の側にある神代桜の子供の芽の様子を記録しています。同じ遺伝子を持つので親とほぼ同時に開花しました(正確には2日遅く開花)。

〔クリック⇒拡大〕

山高神代桜 過去の開花・満開・散始

        開花     満開     葉桜

 2000年  4月 3日  4月 8日  4月12日 
 2001年  4月 3日  4月 8日  4月14日 
 2002年  3月20日  3月26日  4月 3日 
 2003年  4月 2日  4月 9日  4月15日 
 2004年  3月30日  4月 5日  4月12日 
 2005年  4月 5日  4月 8日  4月16日 
 2006年  4月 1日  4月 8日  4月16日 
 2007年  3月24日  3月30日  4月 8日 
 2008年  3月29日  4月 5日  4月14日 
 2009年  3月25日  4月 3日  4月11日 
 2010年  3月25日  4月 3日  4月13日 
 2011年  4月 5日  4月12日  4月17日

 2012年  4月 9日  4月13日  4月20日

 2013年  3月23日  3月28日  4月 8日

 

 

山高神代桜とは

山梨県北杜市武川町山高の実相寺境内にある老木である。日本三大桜のひとつであり、日本最大の根回り13.5メートルを誇るエドヒガン桜。日本武尊が東夷征定の折りにこの地に留まり、記念にこの桜を植えたのだと伝えられている。樹齢2千年と言われ大正11年(1922年)に国の天然記念物に指定された。威風堂々と美しさと生命力が伝わってくる。