2回 大自然と野菜たち   ゆたかな農からゆたかな食へ

 

北杜の有機野菜とフランス料理の時間―

個性豊かな農家とシェフのトークライブー

 

<日時> 2017年24日(土) 11001430

 

<会場> Terroir 愛と胃袋 北杜市高根町長澤414 

 

 


<参加費>※ランチビュッフェ代込 
大人4,000円  中高生 3,000円  小学生1,500円 小学生未満 無料

<定員> 70名

<内容>

第1部 個性豊かな農家たちの紹介 11:00~12:00 
「畑山農場 代表 畑山貴宏」
「菜祝ぎ農園 主宰 山崎秀夫」
「crazy farm 代表 石毛康高」
「Beyond 自然塾 代表 室田泰文」

第2部 八ヶ岳の食の豊かさを味わう 交流ランチ 12:00~13:00 
ジャズの生演奏のBGMあり

第3部 パネルディスカッション 北杜の農と食の豊かさを伝え広めるために 13:00~14:00 
コーディネーター 藤原佳奈
パネラー
「あさかわ農場 代表 浅川裕介」
「畑山農場 代表 畑山貴宏」
「Beyond 自然塾 代表 室田泰文」
「Terrior 愛と胃袋 シェフ 鈴木信作」

第4部 有機野菜の販売 14:00~14:30 


<申し込み>
下記のリンクのフォームからお申し込みください。
https://goo.gl/7LlG2O

※先着70名で締め切らせていただきますのでお早めにお願いいたします。
※キャンセルの連絡は前日正午までにお願い致します。それまでに連絡がなく当日参加されない場合は参加費の50%をご負担いただくこととなります

<問い合わせ>
畑山  hatayamaorganicfarm@gmail.com    070-4358-5426


<プロフィール>

「Terrior 愛と胃袋 シェフ 鈴木信作」
長野県飯田市生まれ。15歳から5年間、日本料理店で修業を積んだ後にフレンチに転向。フレンチ界の鬼才、植木将仁シェフの「レストランJ」や、全国津々浦々の特産品をフィーチャーした創作料理店「なみへい」などで勤めて独立。2011年に東京・三軒茶屋でフレンチレストラン「Restaurant愛と胃袋」を開業し、丸4年間、ベビーから100歳のマダムまで幅広い層に愛された。現在は、八ヶ岳に住まいを移し、自然のなかの遊びと学びと恵みを料理に最大限に生かしている。

「菜祝ぎ農園 主宰 山崎秀夫」
東京都世田谷区出身。2012年60歳で退職し、北杜市武川町に移住・就農。固定種にこだわり、肥料も極力使わない有機栽培で多品目の野菜とお米(武川48米)を個人向けに届けている。当イベントの発起人。2013年から「山寺でジャズ 武川のジャズ」コンサートを開き、毎年満席(300人)のイベントを運営している。また地元でサル被害を防ぐための団体を立ち上げるなど、農業以外でも地元と関わりながら多様な活動をしている。

「crazy farm 代表 石毛康高」
神奈川県横浜市出身。大学卒業後、農家になる道を模索して北杜市小淵沢町で2005年に就農。西洋野菜を中心に有機栽培で多品目の野菜とお米を生産。フレンチ、イタリアン等の飲食店との直接取引に力を入れており、愛と胃袋さんを始め、県内、都内の有名店に出荷している。生産だけではなく、ひとが自然と集まるようなわくわくする農場作りを行い、地域のコミュニティにも積極的に関わって、北杜と農業の発展を目指している。

「Beyond 自然塾 代表 室田泰文」
ビヨンド自然塾、NPO法人みんなの街代表 室田 泰文
神奈川県藤沢市出身。京都大学大学院工学部修了。富士フイルムで科学研究員を五年努めた後、人生を見つめ直す探求を始めた。世界各地を回りながら理想な生き方を模索後、2012年に山梨に移住。『心の自由』に重点を置いた自然体験施設ビヨンド自然塾及び、空き家を活用した街作り活動のNPOを運営している。

「あさかわ農場 代表 浅川裕介」
北杜市生まれ。北杜の「おこしびと」として毎日駆け回る
地域の農家と連携して販路開拓、マッチングも積極的に行う傍ら、自ら玉ねぎ、ゴボウ、人参を生産し、「里くら」の理事としては、福祉、食育などの活動も積極的に行う。

「畑山農場 代表 畑山貴宏」
北海道札幌市生まれ。自然の中で食べたいものを育てて心豊かに暮らしたいと思い24歳で山梨に移住し、ゼロから農場を立ち上げる。現在は妻と子供2人で大きな古民家に暮らし、新規就農をした仲間とともに共同出荷も行っている。「たね採り」と「健康で味わい深い野菜作り」を追究し、その魅力を伝えるため菜園作りの講師も行っている。

パネルディスカッション コーディネーター 藤原佳奈
富山県富山市出身。編集者。子どもの教育と環境を考え、2012年に東京から山梨に移住。「食や暮らしを、もっと安全に楽しく」をコンセプトにした「食を守るママの会in山梨」を仲間と共に運営している。